2014年03月14日

produce by 世界をつくった人


1日目(1月24日)  始まり

先生と園児が話し合い
卒園製作で、トイレや教室に置く上履き箱を作ることに決まる。
でも、作り方がわからない。
そこで偶然にも作業してる私。
それを偶然にも発見する園児。
世界地図をモチーフにした作品を壁に取り付けている私を見て
園児はこう言った。

「世界をつくった人」

かくして、卒園製作のお手伝いが始まった。



2日目(1月28日)  発表

事前に調べてもらっていた
置く場所、サイズなど園児に発表してもらい、
作るのに必要な道具、材料を考える。



3日目(2月12日)  組立

事前に工場で作った下駄箱のパーツを
園児と一緒に組み立てる。



4日目(3月6日)  ニス塗り

園児ひとりひとりに塗ってもらう。



5日目(3月13日)  完成

DSCN2399.jpg

DSCN2402.jpg

DSCN2417.jpg

みんなから感謝のメッセージを頂く。

こちらこそ、ありがとう〜。





初日、「世界をつくった人」から、「世界一の大工さん」になりました。
(家具屋ではなく・・・)

その後、園児とお昼ごはんを食べていると
ある男の子に、世界一を疑われました。


「おじさんって本当に世界一なの〜?。8位くらいなんじゃないの〜?」

585
posted by akira at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | それ以外のイベント